首の痛みはストレートネック

PR| 頚椎脊柱管狭窄症の名医をお探しなら |仙台で痛みを軽減するブロック注射なら渋谷でハワイアンロミロミを堪能 |

仕事の関係でパソコンで仕事をすることが多く、友人が頚椎の手術をしたこともあり、肩こりや首こりについて思うことがありました。その時、短時間ならいいのですが長時間になるとさすがにとても辛くなります。首の後ろあたりが、締め付けられるような感じになり、仕事をすることも辛くなるのです。そのため、インターネットで検索をすると、ストレートネックになっているのではないかと思ったのです。その症状はまさに私と同じだったからです。しかし別の病気であることも考えて、一応病院を受診することにしました。そしてそこでストレートネックであると診断を受けました。その時の症状について、詳しく思ったことがあるのでご紹介します。

・頭痛がひどくなる
首がそのようになると、とにかく頭痛がひどくなります。同じ姿勢を保っていると、数時間で頭痛が発生することもあるのです。そんな時には、頭痛を改善させることが出きる内服薬をいつも持参していました。すると、直ぐに飲むことができるのでそのようにしていたのです。ひどい時には、毎日おように消炎鎮痛薬を飲むこともありました。すると、今度は胃も痛くなることもありました。

・耳鳴りがひどい
時々、普通の時でも耳鳴りがあったのですがそれは疲れている時などでした。ところがストレートネックになった時には、通常の時でも耳鳴りがとてもひどくなったのです。ほかの人に聞こえているのではないかと思うほど大きな音のこともあり、そんな時には本当に困ります。会議をしている時も、耳鳴りがあり人の声が聞き取りにくくなることもありました。

・首が疲れやすい
なんといっても、首の症状が一番辛いです。これは、首を刺さることができないからです。そのため首が痛くなった時には、横になることにしています。そのまま座った状態が長いと、とても疲れてしまうのです。そんなん時には、首をもんだりしていますが、十分な対策とはなっていません。

ストレートネックは、様々な症状が出てくるので早期に対策をすることが重要と思っています。

PR|エステサロンを上手に利用する情報サイト|健康マニアによる無病ライフ|生命保険の選び方|生命保険の口コミ.COM|住宅リフォーム総合情報|SEOアクセスアップ相互リンク集|お小遣いNET|マッサージのリアル口コミ.com|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|工務店向け集客ノウハウ|お家の見直ししま専科|クレジットカードの即日発行じゃけん

最新記事

他の投稿